10万円借りる

先日、10万円を借りた。
消費者金融から。
理由は簡単で、家賃が払えないから。
バイト代をパチンコにつぎ込んでしまい、ついついはまってしまう性格が裏目に出た。
家賃を払わないと追い出されてしまうので、面倒な交渉をするよりは、消費者金融で借りた方が良いと思った。
サイトを探してみても、結構ランキングサイトがヒットしてわかりやすかった⇒10万円借りる
消費者金融にもいろいろあって、とにかくスピード重視のところ、限度額が高いところ、金利が安いところなどいろいろ。
これから借りる者にとっては一番大切なのは借りられるかどうか。
そこの点が詳しく書かれているサイトから申し込んでみた。。。
とにかく、来月からは節約生活を送って、早く返済しようと思う今日この頃です。

低価格の英会話教室はやっぱりネットで。

私は映画鑑賞が趣味なのですが、洋画を字幕なしで見たくて、アルクのバーチャル英会話を始めました。

教材費が手ごろだったのが決め手でした。

主婦なので、料理や掃除をしながら毎日聞き流しています。

時々、じっくりテキストを見ながら聴きます。

最初は、聞き流すだけで本当に英語力がつくのか疑問でした。

でも、半信半疑で半年続けてみて、最近になって効果をすごく実感しています。

テレビの英語インタビューの音声が、聞き取れるようになってきたのです。

今までの英語の勉強は、テキストを見て繰り返し聴く「精聴」が中心でした。

しかし、バーチャル英会話でたくさん聞き流す「多聴」を行ったのがよかったのだと思います。

この調子でいけば、終了時には字幕なしで洋画を見る夢が叶いそうです。

低価格の英会話教室『バーチャル英会話教室』

2014年夏は冷夏の可能性?

南米ペルー沖の海水温が高くなり、世界各国に気象の変調をもたらす現象として知られている、「エルニーニョ現象」ですが、6月に発生の可能性が高まっていると言います。
又、その規模は観測史上最大であった1997年の規模になる可能性もあり、日本は長雨や低温といった冷夏の可能性が高まってきます。

1997年の夏は平均気温は0.2~0.7度低い夏で、日本は冷夏となり、欧州東武での洪水、インドネシアでは火災などが多発した年であったといいます。

地球温暖化もあって涼しい夏とはいえないだろうという見解もありますが、何かしらの気性変化が起こるであろうことは考えられます。
何より気になるのが稲作への影響で、冷夏ともなると東北や北海道での不作も危惧されます。

又、経済への影響も考えられ、夏物衣料やクーラー、氷菓や夏の野菜や果物にも影響やその販売影響がでてきかねません。
7-9月の日照時間が93年の冷夏と同じであるとすると、経済成長率を-0.9%押し下げるのではないかというエコノミストの試算もあります。

消費税の値上げもあり、更に冷夏が追い打ちになると、来年の消費税10%引き上げにも影響が出てくるかもしれません。

安倍晋三首相の春季例大祭の真榊奉納は妥当な対応

安倍晋三首相は21日、靖国神社に祭具の真榊を奉納したそうです。21日から23日までは、靖国神社春季例大祭となっていますが、真榊は内閣総理大臣:安倍晋三の名で納められたましたが、期間中の参拝は見送ったのです。

今回の参拝見送りは、対中国・韓国との関係改善や、東アジア情勢の安定化を望む米国に配慮してのものだと思いますが、まさに妥当な対応だと評価したいと思います。昨年12月に安倍首相が靖国神社を参拝した時の、中国・韓国の対日批判と米国オバマ大統領の失望表明は記憶に新しいものがあります。二度とこのような事態は避ける必要があります。

折しも、23日にはオバマ大統領が国賓として来日し、24日には日米首脳会談が予定されています。今回の靖春季例大祭で安部首相が参拝して問題を再燃させては、落ち着いて日米両国間の問題を話し合えません。日米間には、TPPを最大の懸案事項として、話し合うべき問題は山積みです。24日の日米首脳会談ではじっくり掘り下げて中身の濃い会談をしていただくことを期待します。

坂上忍の潜在能力

いいともが終わってしまい、新番組「バイキング」が始まりましたが、出演者も、私達視聴者も、
物凄い違和感に襲われているのではないでしょうか。まるで空気のようにごく当たり前に
存在していた番組がなくなり、後番組には特に期待してはいませんでしたが、そのぎこちなさ
にはちょっと目を見張るものがありました。

しかし新番組は生まれたばかりの赤ん坊のようなもので、これからゆっくり方向性を考えていけば
良いのだろうと思います。今はまだ面白いとまではいきませんが、赤子の手をヒネるような批判は
やめておこうと思いました。

日替わり司会者の一人、坂上忍には底知れぬ潜在能力を感じています。子役としてデビュー後、ずっと
伸び悩んでいる感じがありましたが、まさかの昨今の大躍進。今後まだ大きなブレイクポイントが
あるのかも知れません。

酒に酔ったままのテレビ出演を謝罪…とのことですが、いっそのこと毎日、べろべろにならない程度に
酔った状態の方が緊張を解きほぐし、彼のあけっぴろげな感じを引き出せるのではないかと思います。
今後も坂上忍に注目していきます。

1万6000人の正社員化には驚きました

ユニクロが国内のアルバイトとパートとして働いている約3万人のうち約1万6000人を、2~3年をめどに正社員に転換する方針を打ち出したことには、率直に言って驚きです。ここまで多くの人を今すぐでは無いとはいえ正社員にした過去の事例はあったのでしょうか、私は始めて聞きました。

バイトのほうが気楽で自分の好きに働けるから今のままでいいとはよく聞きますが、これからの人生を考えたら正社員のほうがいいことに間違い無いです。まず結婚出来ないですし、仮に出来たとしても子育てで行き詰まってしまうはずです。所得が低過ぎるからです。福利厚生も薄いですし。

今はサービス業などは顕著でしょうが、アルバイトと正社員の仕事内容の差がほとんど無くなっているところが多いと思います。さすがにアルバイトでサービス残業させられることはありえないはずですが、実際の業務での仕事内容の差はどんどん無くなってきています。その証拠にユニクロはここまで多くのアルバイトやパートを正社員に出来るのでしょうし。それなら、きちんと正社員として雇用することが必要です。

ユニクロの方針は驚きと共にいいことやるなと思いますし、他の企業も続いて欲しいとも思います。

震災はまだまだ後を引きそうです。

震災から3年経ちましたね。しかしまだ終わってはいないようです。テレビとかではもう
終わったかのようですけどね。

栃木では釣りをしてもそれを持ち帰ったり、食べたりは出来ないようです。放射能の影響で。目に見えないから厄介ですよね。長年楽しんできた釣りを出来なくて悲しんでいる人も
いるようです。

放射能って中々消えてくれませんね。年単位の時間で無くなってくれるかと、少し期待も
していましたが、そうはなりませんでした。今更ながら原子力の怖さを実感してきています。魚とかはドンドン体に蓄積させてしまいますから、ホントに他人事じゃないですね。
食卓に並ぶ魚も不安ではあります。基準を満たしていると分かってはいてもね。

今思うのは、原子力の問題とかって終わったり、完全に再生出来たりするんでしょうか。
出来ると言う人、出来ないと言う人どちらもいますね。出来るに越したことは無いですけど、駄目なら他の方法を考えていかないとなりません。

資料ではチェルノブイリとか知ってましたが、実際は比べられないほど大変です。
やれること探さないとね。
で、結局原発の放射能漏れって止まったんですかね。

PM2.5 怖いですね。

中国からやってくるPM2.5、怖いですね。

非常に細かい粒子なので、肺まで入り込んで病気の原因になってしまうそうです。
事実、中国ではこのPM2.5が原因で一昨年は何千人もの人が亡くなっているのだとか。

日本も高度経済成長期には同じようなことがありましたが、日本の場合は自浄作用が働いて公害問題そのものがうまく対策されてきましたが、中国の場合はその気配が全く見えない。

何しろ、共産党の幹部で国家の中枢にいる人物が関連する企業がPM2.5をまき散らしているそうですからシャレになってません。

中国は味噌も糞も一緒にしてしまうお国柄といいますが、もう人命も公害も同じ目線で考えてしまうんでしょうね。

ホント、迷惑な国です。勘弁してほしいです。中国の人たちは何も感じないんですかね。

今年の忘新年会

先日、忘年会に出席しました。
勤務先の近くの鍋料理屋で飲み放題コースでした。
二次会には出席せず、電車ですぐに帰宅しました。
一年間の慰労会という意味もありますので、本来であれば全員の出席が望ましいのですが、
個人の都合もあり、出席率は8割程度でした。

ニュースにもあるように最近はサラリーマンは積極的には忘年会を開催していない気がします。
入社当時(約30年前)は好景気であり、我社では職場で毎月積立を実施する職場が多く、私も忘年会にはスキー旅行を兼ねて宿泊するのが楽しみでした。
最近では、宿泊のために積立をしている職場を聞いたことが有りません。

先日、妻が近所の駅前で友人と女子会を開いたそうですが、店舗には女性しかおらず、
”このお店大丈夫かな?”という会話になったとのことでした。
というのも、料理は好きな物を自由に注文出来、飲み放題コースで女性は3千円とのことで、
店内には11人痛そうなので、その日の売り上げは3万3千円だからというのです。
2020年にオリンピックが東京で開催され、景気が良くなるかなとも思いますが、
まだまだ現実は厳しいと実感しています。

どちらを取るか

楽天のマギーは優勝に欠かせない存在だっただろう。勝負強いバッティングと堅い守備でチームを支えてきた
元々メジャー志向の強い人間だったため、今回のオフで一度契約が切れることとなった。楽天側は交渉を継続するようだが、どうやら金額面でかなりの開きがあると見られている

楽天にはお金があまりないので、大型契約は結べないのが現状だ
ただでさえ田中のメジャー移籍が叶わない状態になりつつあるため、金銭的な部分で苦しんでいるのも事実である
マギーに3年12億円というお金は正直出せない。しかも活躍する保証も無いため、全く打てないのにお金を出さなければいけない状態が発生するかもしれない

そこで目を付けたのが、オリックスから自由契約となったバルディリスだ
阪神時代から真面目で守備に定評のあった外国人だが、オリックスに移籍後はバッティングで目覚めた。ホームランを量産し、勝負強いバッティングを見せている
オリックスとは契約で折り合いがつかず自由契約となっている。マギーよりも遥かに安い金額で契約できる上、日本野球を知り尽くしている外国人。これを取るとなれば大きな戦力となるだろう
ポジションも全く同じ。どちらを取るか楽天の動きに注目したい

1 2 3 4 6